笠沙へ春を伝えに飛来する旅鳥

春の旅鳥

春になると、南西諸島を上って
九州の南西端、鹿児島県笠沙に、
色々な渡り鳥が飛んできます。

ここ笠沙恵比寿の中庭に、
春を告げる鳥「ヤツガシラ」などが訪れ、
笠沙の春を、そっと教えてくれます。

渡り鳥の中継地 笠沙

九州の南西端にあたる笠沙は、多くの渡り鳥たちの貴重な中継地で、珍鳥のメッカともいわれています。
特に春先は希少な鳥が観察され、鹿児島県本土では珍しいギンムクドリなどが毎年決まった時期に見られるため、野鳥愛好家も多く訪れます。
笠沙恵比寿の中庭にも、ギンムクドリやツバメが飛来し、お楽しみいただけます。
1階にヤツガシラ観賞用にバードウォッチング用の双眼鏡を設置しておりますので、どうぞ自由にご利用ください。

※ヤツガシラは野生の生き物のため、ご覧いただけない場合もございます。ご了承ください。

笠沙恵比寿
 電話 0993-59-5020