笠沙恵比寿のご紹介

ご案内

「笠沙恵比寿」は
豪華観光列車
「ななつ星in九州」を筆頭に、
JR九州の車両デザインを
多数手がけた工業デザイナー
水戸岡鋭治氏が
デザインしたホテルです。

水戸岡鋭治氏デザインのホテル

九州の最南端、笠沙は海風の楽園。
素晴らしい自然、神話や伝説に彩られた歴史、祭、そしておいしい海の幸と杜氏伝承の焼酎。素朴な 世界に贅沢な時が流れています。
クルージングやシーカヤック、海釣りなど笠沙ならではの体験もご用意しています。
大自然と美味しい 海の幸をご堪能下さい。
豪華観光列車「ななつ星in 九州」を筆頭に、JR九州の車輌デザインを多数手がけ、鉄道ファンのみならず全国的におなじみの工業 デザイナー水戸岡鋭治氏がデザインしたホテルです。
JR車輌幅と同じサイズの廊下や、1階廊下に掛けられた水戸岡鋭治氏直筆の鳥や魚たちのデザイン画など、水戸岡氏のエッセンスが満載です。

笠沙恵比寿の由来

笠沙町は漁業で栄えた町。そこに住む人々の心にはいつも"えべっさぁ"がいます。
昔は釣り糸を垂れる時。そして今でも晩酌の時には自分が呑む前にテーブルに数滴落し「えべっさぁ」と声をかけます。
そんな恵比寿信仰が根強く残る町。
そして七福神の中のひとつでもあり大変縁起も良い"恵比寿様"。
この施設は笠沙の恵比寿“笠沙恵比寿”と名づけられました。

笠沙恵比寿中庭の烏帽子に鳥の運が付いている恵比寿様は、鼻を触ると幸福になると言われています。

ヨットで寄港できるホテル

笠沙恵比寿はヨットマンの聖地。敷地内にヨットが停泊できるホテルです。笠沙恵比寿には、車でお越しのお客様がほとんどですが、ヨットで寄港される宿泊のお客様も数多くいらっっしゃいます。
海からのチェックインの際、レンタカーの手配も可能です。フロントへお申し付けください。

また笠沙恵比寿駐車場にはためく黄色の旗は、航海の無事を祈る色です。航海安全!お気をつけてお越しください。
無事に、安全に、穏やかにありますように。

※現在、桟橋は改修工事中で立入り不可となっております。
7月末までヨット停泊等の利用はできません。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

館内のご紹介

館内案内

九州の最南端・笠沙は海風の楽園。
大自然をイメージし、「海と漁」「海とヨット」「海と自然」「海と船」を楽しみ、東シナ海をのぞむ全室オーシャンビューで、素朴な世界に贅沢な時が流れます。
オープンカフェや展望風呂、冒険桟橋など、海の魅力を活かした施設も充実しています。
クルージングやシーカヤック、海釣りなどマリンスポーツもお楽しみください。

笠沙の木々もお出迎えします。

笠沙恵比寿では笠沙に自生している種類の木々もお出迎えします。
野間岳を中心として分布する、淡紫紺の可憐な笠沙町花の「野間つつじ(和名:サクラツツジ)」も綺麗です。

お車の駐車スペースもバリアフリー。

エントランス

エントランスホールに並ぶ、それぞれ表情が違う恵比寿像(えべっさあ)が、笑顔でお出迎えします。

またエントランスのスロープなど、バリアフリーとなっております。

四季を彩る中庭

四季の花々や景色で彩をそえる中庭にて、ゆったりとした時間をお過ごしください。
笠沙を楽しむイベント広場としても、お使いいただけます。
また鳥たちの楽園 笠沙で春告げ鳥として心待ちにされている、渡り鳥のヤツガシラやムクドリ、ツバメ、オウチュウが笠沙恵比寿の中庭にも飛来します。
1階にヤツガシラ観賞用にバードウォッチング用の双眼鏡を設置しておりますので、どうぞ自由にご利用ください。

笠沙の海・自然を学べる博物館

「海と漁」「海とヨット」「海と自然」「海と舟」の4つのテーマで分かれる博物館では、笠沙の豊かな自然と海・歴史を楽しく学べます。

伝統の薩摩型和船を展示し、博1(海と漁):の副室にて、笠沙の海を見ながら学ぶひとときをお過ごしください。
無線LAN完備で、ご利用いただけます。

笠沙の幸を味わうお食事処

桜鯛やタカエビなど、季節季節の肴が笠沙の海にあがります。
南さつま市の海の幸・山の幸を豊富に揃え、レストラン「秋太郎」、落ち着いた純和風個室「萬漁」。掘りごたつ式のモダンな和風宴会場「百寿」、会食、会議・研修や結納にもご利用いただける「松風(まつかぜ)」、海を眺めながらのデッキテラス「Cafe海音呼(うみねこ)」で、ゆっくりお過ごしください。

館内売店

笠沙恵比寿の館内売店「萬屋(よろずや)」にて鹿児島・南さつまの特産品を取り揃えております。特に鰹節がおすすめです。
黒瀬杜氏の焼酎や、「笠沙恵比寿の縁起の良いお土産シリーズ」として恵比寿様の垂水人形はもちろん、毎年縁起物として人気の高い干支人形や壁掛けもございます。

七福神市場

野間池漁港に水揚げされた、獲れたて新鮮な海の幸を手軽に楽しめる「七福神市場」では、南薩の魚醤油や海産加工品など、海の幸・山の幸を豊富に揃えています。
笠沙の美味しい海の幸をお楽しみいただけるよう、潮の香りがいっぱいの旬の活魚や自家製干物を製造販売。三枚おろしも承ります。
笠沙産の新鮮な、お刺身でもお召し上がりいただけるお魚を、加工場で一匹一匹丁寧に開き、薄塩・一夜干で加工。炭火焼きでの試食コーナーも設置しています。

特産のタカエビを贅沢に使用し、一匹一匹手作業で殻をむき、背ワタをとって、丁寧に作り上げました。
体の3~5倍の長い髭の1本は赤、もう1本は白の紅白で縁起良し。笠沙のお土産品としてお勧めの品です。

客室

全室オーシャンビューのメゾネット和洋室。
全10部屋、全て1階琉球畳の和室、2階ツインベッドルームのメゾネットタイプです。お子様には2階が人気♪
1階和室はお布団3組まで可能ですので、お布団ご利用ご希望の場合は、お気軽にお申し付けください。

展望風呂「海の湯(いの湯)」

窓から海が見渡せます。
東シナ海のゆったりと流れる景色を眺めながら、癒しの時をお過ごしください。
浴場に併設された、海を見ながら入れるジャグジー「海水・タラソジャグジー」も人気です。
※男女入替制

冒険桟橋

笠沙の海を舞台にクジラ&イルカウォッチングをはじめ、定置網観光やライトクルーズなど各種体験クルーズの基地となる「冒険桟橋」。
海で遊ぶ冒険館として、雄大な自然と出会う東シナ海の海へご案内します。浮き桟橋のため、満潮時・干潮時に関係なく、常に船と同じ高さで安全に乗り降りすることができます。
ヨットで寄港される宿泊のお客様も、ここから笠沙恵比寿へお越しくださいます。
また周囲には潮風を浴びながら階段が続くフィッシャーマンズデッキがあり、様々なイベントや野外コンサートなどが開催されます。
世界一周を単独無寄港にて達成された今給黎教子さんのヨット「海連」もここに係留しています。

【日本最西南端のポスト】
笠沙恵比寿の玄関前には、まるで、時が止まった空間に佇むような懐かしい形のポストが立っています。日本最西南にある現役のポストです。
今でも毎日、郵便屋さんが手紙を集めにバイクでやってきます。

このほか笠沙恵比寿には、魅力がいっぱい!
どうぞ笠沙恵比寿スタッフまで、お気軽にお問い合わせください。

笠沙恵比寿から眺める朝日や夕日も神秘的です。
東シナ海に映る感動的な景色もお楽しみください。