笠沙町は漁業で栄えた町。そこに住む人々の心にはいつも"えべっさぁ"がいます。
昔は釣り糸を垂れる時。そして今でも晩酌の時には自分が呑む前に
テーブルに数滴落し「えべっさぁ」と声をかけます。
そんな恵比寿信仰が根強く残る町。
そして七福神の中のひとつでもあり大変縁起も良い"恵比寿様"。
この施設は笠沙の恵比寿“笠沙恵比寿”と名づけられました。

豪華観光列車「ななつ星in 九州」を筆頭に、JR九州の車両デザインを多数手がけた工業デザイナー・水戸岡鋭治氏がデザインしたホテルです。

■水戸岡鋭治氏デザインのホテル■

東シナ海が一望できる、全室海側の和洋メゾネットタイプのお部屋です。
九州の最南端、笠沙は海風の楽園。素晴らしい自然、神話や伝説に彩られた歴史、祭、そしておいしい海の幸と杜氏伝承の焼酎。素朴な 世界に贅沢な時が流れています。クルージングやシーカヤック、海釣りなど笠沙ならではの体験もご用意しています。大自然と美味しい 海の幸をご堪能下さい。
豪華観光列車「ななつ星in 九州」を筆頭に、JR九州の車輌デザインを多数手がけ、鉄道ファンのみならず全国的におなじみの工業 デザイナー水戸岡鋭治氏がデザインしたホテルです。
JR車輌幅と同じサイズの廊下や、1階廊下に掛けられた水戸岡鋭治氏直筆の鳥や魚たちのデザイン画など、水戸岡氏のエッセンスが満載です。